姫路城


姫路の歴史を訪ねる。(画像は登城してからです)
P1000090.JPG


「姫路城」
所在地: 兵庫県姫路市本町

城種別: 平山城

築城年: 1609年(慶長14)

築城者: 池田輝政

別名:  白鷺城

天守建造年: 1609年慶長14)

天守建造者: 池田輝政

天守閣構造: 5層6階、連立式

文化財指定: 国宝

他の遺構 : 小天守3基、櫓26基、門15棟、石垣、土塁、堀


国宝に指定されている4天守閣の一つで、現存天守の完成は1609年(慶長14)、

優れた築城家として知られる池田輝政の時です。日本一の名城と評判の高い

姫路城は、その外見の美しさから「白鷺城」と呼ばれ、1994年(平成5)

には世界文化遺産にも登録されています。5層6階の大天守と東、乾、西の

小天守を渡櫓で結ぶ、連立式天守で、近世城郭の最高技術水準を示しています。

各層の逓減率があまり大きくなく、安定感あり、千鳥破風、唐破風が巧みに

組み合わされ、白漆喰総塗籠となっています。この城は今から約670年前の

1333年(元弘3)、播磨の守護職、赤松円心(則村)が、ここ姫山に砦を築き、

その子貞範が館を設けたのがその始まりとされています。しかし、最近では、

黒田重隆と職隆が、1555年(天文24)から1561年(永禄4)の間に御着城の

出城として築いたという説が有力となっています。その後、1580年(天正8)、

羽柴秀吉が中国攻めの根拠地として3層の天守閣を築きました。池田氏の後は

本多氏、松平氏、榊原氏、酒井氏めまぐるしく城主がかわって廃藩置県を

迎えます。天守閣群の他に、櫓26基、門15棟、石垣、土塁、堀などが残り、

城郭建築の宝庫と言われています。



日本の「城」巡りTOP








posted by oojijisun at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171113883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。